メギ盆栽、新芽の兆候が全くない中、昨年力強く徒長した枝を剪定しました。

メギは3月いっぱいまで寒樹姿ということで、まだ新芽の兆候とか無いですね。

(まだ無くても大丈夫ですよね?)

で、作業カレンダーを覗いてみると、3月は剪定の時期に入ったということです。

メギ盆栽 落葉 寒樹 裸木 冬木

こんな感じで、昨年徒長したままの左右の枝が気になっていましたので、切ってみようと思います。

この辺を。

(それにしてもトゲが凄い)

メギ盆栽 剪定

狙いを定めてカチっと。

で、針金で曲げて奥の枝と交錯しない方向に向けてみました。

メギ盆栽 剪定後

こんな感じ。

向かって右側の徒長している枝は残しました。

徒長したやつがこの先どうなるのか単純に見てみたかったので、、、

それにしても落葉した時(後)、柄をしっかり抜いてないのですが、これで良いのでしょうか。

結構硬くしっかりついていて、簡単には抜けない感じだったのでそのままにしていたのです。

見た目も微妙だし今から抜いたほうが良いでしょうか。

メギ盆栽の記録

 コメントをどうぞ

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんが、このブログが置いてあるサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、WordPress の機能により IPアドレス を取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパムコメントの対処ために利用され、公開することはありません。
  • 個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントを表示しないか、該当箇所を編集して公開する可能性があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。