Excel を Web ブラウザで閲覧する簡単な方法

社内ネットワーク環境(イントラネット環境)で、積み上げて行った実験データを簡単に閲覧したいのですが、皆さんはどのような対応をしていますでしょうか。

マスターとなる大事なデータについては、ちゃんとシステムを開発して管理するのでしょうが、抽出したデータだったり、加工したデータだったり2次的なものは Excel 管理が適当ですよね。

ただ、閲覧するとなるとファイルを共有したり、コピーしたファイルを配布したり、そして Excel が起動するのを待ったり、、、と結構手間なのも事実。

閲覧するだけなので、ウェブブラウザでサクっと閲覧できると便利なのですが、と思ったら Excel に便利な機能を発見!

Excel で管理している現状を生かした方法です!

Excel を Web ページとして保存する

まずは表を作る感覚でデータを入力していきます。(別に表じゃなくてもいいんですけど。)

データの入力(or表の作成)が終了したら[ファイル]→[Webページとして保存]を選びます。

[名前を付けて保存]ウインドウが開くので、[ブック全体]を選択、[対話機能を追加する]にチェックを入れて[発行]を押します。

[Webページとして発行]ウインドウが開くので、[発行するアイテム]は[ブック全体]とし、[ブックを保存する時に常に自動再発行を行う]にチェックを入れます。

ファイルの発行される場所や名称設定は[発行]の[ファイル名]で参照、入力して下さい。

最後に[発行]を押します。

発行された mht ファイルを読み込む

発行されたウェブページ(デフォルト名称:page.mht)は既にウェブページですので、ウェブブラウザで開く事が出来ます。

しかも、対話機能を有効にしているので閲覧者はデータをソートしたりオートフィルタを掛けたりエクスポートする事が可能です。

編集する事は出来ませんが、むしろ管理者としては助かります。管理者がデータを更新すれば、自動的にファイルが更新されるので負担は増えません。

そのまま発行されたWebページ(デフォルト名称:page.mht)をイントラネット上に置いておくだけでは、「だったらExcelファイルをそのまま置いておけ」と言われてしまいそうなので、部署専用のイントラネット上のホームページ等にリンクを貼ってもらうのがいいでしょうかね。

私はインラインフレームタグを使って、イントラネット上の既存のウェブページに埋め込みました。

<iframe src="page.mht"> ~ </iframe>

※基本的に[ブック全体]で作業を進めましたが、範囲選択等も可能みたいです。

ここまで設定してあげれば、Excel の知識しかない人でも日々 Web ページを更新する事が可能になります。

この作業で誰かに感謝されたかと言うとだいぶ怪しいですが、個人的には普段使っているメインのページからウェブブラウザだけでシームレスにデータ閲覧が可能になったので満足しています。

[Webページとして発行]を止める

1度自動発行の設定をしてしまうと、発行されるWebページファイルを消しても消しても生み出されます。

設定を解除したい場合はもう一度[ファイル]→[Webページとして保存]として同じ手順で進み、[Webページとして発行]ページで[発行するアイテム]→[前に作成したアイテム]を選択し、[削除]とすると自動発行を止める事ができます。

とエントリを書きながら確認している時に気付いたのですが、Internet Explorer でしか動作しないようですね。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。