inVision というプロトタイピングツールがかなりイイ。画像があれば簡単にモックアップが作れちゃう。

2,653 view

画像がさえあれば簡単にモックアップ(紙芝居)が作れちゃう。

画像なのでもちろん(アニメーションを伴う)インタラクションの確認とかはには適さないけども、画面遷移の確認には使えそうなので、とても簡単なユーザーテストとかなら対応出来ると思います。

なんて言うんでしょうか、ブラウザベースで画像にどんどんイメージマップを設定していける感じです。しかも Dreamweaver のイメージマップの設定のようにエラい簡単に。


InVision – Free Web & Mobile Mockup and UI Prototyping Tool

画像の追加はドラッグアンドドロップで追加できます。

ワイヤフレームを画像にしてモックアップにすることもこれなら簡単です。(パワポとかエクセルでハイパーリンクを設定しなくても良くなります。やってないけど。)

嬉しいコラボレーション機能

作ったモックアップは、そのままパスワードをかけたURLで share できます。

で、素晴らしいのが、そのままモックアップにコメントを設定できるところですね。デザインの修正点をメールでやり取りする方がいいケースもあるけど、なかなかメールだけだと伝え辛い時とかありますものね。

そのコメントから TO DO リストも作成できるらしい・・

その他にも素敵な機能が沢山

まだまだ全然使い切れてないし、無料版だけど、

  • バージョン管理
  • どのくらいモックアップが見られているか(Analysis)
  • Mac OS なら、同期アプリがある

とか、他にも色々機能があるみたい。

有料プランについて

Free 版だと1プロジェクトしか作れないのだけど、プランをアップグレードすると複数プロジェクトが作れたり、その他にも便利な機能が沢山使えるみたいです。

2013-07-10_11.18.36_prototypingtool-invision

特に、最近サービスローンチされた PDF へのエクスポート機能が便利そう。
サンプルPDF

画面(画像)だけでなく、やり取りした記録も一度に吐き出されるから、検討事項など一気に追いやすい気がします。

クライアントと一緒に利用した場合は、エビデンスとして利用できますねー

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。