Parallels で動かしている Photoshop CS4 の調子が悪いので、OpenGL 描画をオフに。

Mac OS X を Yosemite にアップデートしたら Parallels 上で動かしている Windows 版の Photoshop の調子が悪くなった。

具体的には描画がもたつくとか、ウインドウを動かしたりするとちゃんと付いてこなかったり、ツールのパレットがちゃんと表示されなかったり。

Parallels Desktop 8 for Mac は OS X Yosemite に対応してないので、Parallels の最新版を購入しないとダメかなぁと思ったけど、昔ながらの方法?でなおった。

※ Adobe Photoshop CS4
※ Parallels Desktop 8 for Mac

環境設定(Ctrl+K) > パフォーマンス > GPU 設定
[OpenGL 描画を有効にする]のチェックを外せば表示されるようになります。

photoshop cs4 opengl描画

これはアレですかね、要するにパフォーマンス不足ってことなんでしょうか。

OpenGL を有効にしていると使えなくなる機能もあるみたいですが、しかたないですね。

CS5 の場合は、OpenGL 描画の詳細設定を変更することで描画速度など改善されることもあるみたいです。
=>あかつき@おばなのDTP稼業録 【Photoshop CS5】OpenGL設定で描画速度を改善する

・・・Parallels Desktop 8 といい、CS4 といい、新しいの使えよって話もありますが、まだまだいけそうです。

 コメントをどうぞ

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんが、このブログが置いてあるサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、WordPress の機能により IPアドレス を取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパムコメントの対処ために利用され、公開することはありません。
  • 個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントを表示しないか、該当箇所を編集して公開する可能性があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。