2,000円でお釣りが来る Bluetooth イヤホン。AUKEY EP-E7 レビュー

143 view

通勤時間、特に電車に乗る時間が短くなったからなのか、スマホゲームをやるようになったからなのか、(歳取ったからなのか、)イヤホンで音楽を聴く習慣がなくなった私ですが、皆さんはイヤホン使っていますでしょうか。

数ヶ月以内に、通勤時間が変わる予定があるため、どこかにしまいこんでしまった iPhone 純正のイヤホンをボチボチ探そうかなぁと思っていたところ、2,000円で購入できる AUKEY の Bluetooth イヤホン(EP-E7)をタイミングよく頂戴いたしましたので、レビューしてみたいと思います。

化粧箱に綺麗に収められ到着

AUKEY EP-E7 イヤホン 化粧箱

いつの頃からか、綺麗、、というか可愛いというのか、化粧箱にしっかり製品を納めるところ増えてきましたよね。(プラケースとかビニルの袋とかではなく。)Apple の影響なのかな。

流石に、この値段の製品に何かを求めようとは思いませんが、開封した時に気持ちがいいですよね。

EP-E7 はなんだか顔みたいで(これ狙ってやってるかな?w)可愛いです。

AUKEY イヤホン EP-E7 顔のような梱包

ま、、可愛いかどうかはどうでも良い要素なのですが、たまにあるのが「変なセロテープがくっついて上手く剥がせない」とか、「ビニタイ(ねじりっ子?)でキツく化粧紙にくくりつけられていたり」とか。

※ ビニタイ⇣

今回それらは全く無く、好感が持てます。

付属品の確認とまずは本体の充電

付属品。AUKEY イヤホン EP-E7 付属品

この他に説明書とか、保証書とかありました。

で、収納ポーチがなかなかいい感じです。

AUKEY イヤホン EP-E7 収納ポーチ

紐とかチャックのタイプではなく、左右から押して口を開けるタイプ。

紐の巾着タイプだと、たまーにイヤホンのコードが絡まったり、バッグの中で引っかかったりちょっとした鬱陶しさがあります。

さて、内容物の確認はこのくらいにして、説明書を読むと、初めて利用する際には必ず充電してくださいとの記載があったため、モバイルバッテリーから充電をしてみました。

AUKEY イヤホン EP-E7 USB充電

充電が完了すると、上の画像で LED が赤に光っているところが青色に変わるようです。(赤色の時は若干角度によっては見えにくいかも)

と、思ったところでちょっとした想定外。

モバイルバッテリー PB-N42 の充電電流が大きいために、(恐らく)どちらかの安全回路がはたらいて、充電がストップしてしまいます。

面白いことに、PB-N42 に今回のイヤホン EP-E7 と、iPhone 両方の充電を同時に行うことで、出力電流は小さくなり充電がストップせずに、EP-E7 に充電できることがわかりました。(AUKEY さんのサポートに確認済み)

もし、モバイルバッテリーまわりで困っている方がいらっしゃったら試してみてもいいかもしれません。

Bluetooth のバージョンについて

EP-E7 は Bluetooth4.1 の規格を採用、A2DP/AVRCP/HFP/HSP に対応しています。

Bluetooth4.1 は省エネ、A2DP/AVRCP/HFP/HSP は通話ができる、くらいに考えておいて良いかと思います。(えぇ、私も詳しくありません

注意が必要なのがBluetooth3.0とBluetooth4.0/4.1です。

データー通信のスピードがBluetooth3.0が圧倒的に速く、規格上では24倍もあります。データー通信を良くする機器ではBluetooth3.0が最適です。

Bluetooth4.0はボタン電池1個で2年くらい持つほどの省電力化をしていますが、その反面データー通信速度が1MbpsとBluetooth3.0の24Mbpsに比べて相当遅くなっています。

(中略)

素朴に1Mbpsに機能が落ちているから使えないのか?と思われる方もいると思います。
ヘッドホンやキーボード、マウスなどは十分すぎる速度です。

Bluetoothのバージョンの違い | iCaring World Times

ちょっと調べればわかりますが、上記のように普通にイヤホンとして使用する分には特に気にすることは無いのかなぁと思います。

iPhone 6 とペアリングしてみた

リモコン中央のボタンを長押しし、iPhone から Bluetooth の画面に行けば EP-E7 が簡単に見つかります。

AUKEY イヤホン EP-E7 と iPhone 6 のペアリング

特にPINコード等の入力は求められませんでした。PIN コードが必要になった場合は「0000」と入力すれば良いそうです。

MacBook Pro 2016 とペアリングしてみた

マルチペアリングには対応していないので、一度 iPhone とのペアリングを解除した後、MBP とペアリングします。

AUKEY イヤホン EP-E7 と MacBook Pro のペアリング

耳へのフィット感がすごい

ペアリングは問題なくできたので、実際に何か音楽を聞いてみようと思い耳に装着してみました。

フックと言うか、アームというのか、こういったものが飛び出しているタイプを初めて利用したのですが、耳の軟骨の部分にググッと潜り込んできて、かなりのフィット感を生み出しています。

最初、付け方に戸惑ったのですが、一回後頭部の方に若干回して、顔の方へ戻してくる時にアームをそっと内側に押し込むようにするといい感じに装着できることがわかりました。

こんな感じ。

AUKEY イヤホン EP-E7 耳への装着の仕方

かなりピタっとはまるようになるので、そのためなのかかなりの遮音性があります。とはいえ、ノイズキャンセリング機能はないので、外を歩く時に着用していても音は聞こえます。

完全なる遮音を求める方もいらっしゃるようですが、それらを外で利用するのは危ないと思います。

もう通って無いのでアレですが、ジムとかでも使えそうです。
※ 防水とはどこにも記載されてないので注意

音について

Bluetooth 特有(でもないか)の音が流れていない時に、微かにサーといったような砂嵐?のような音はします。微かに。

ただ、音楽が流れている時は聞こえるわけもなく、気にはなりません。

YouTube / Amazon Music や、iPhone の楽曲データってどれだけ圧縮されてるのかという話で、私の耳には十分な音質かなと思いました。

安いイヤフォンを選ぶ基準としては、「自分の好みの味付けかどうか」だと思っています。

若い時は低音ゴリゴリにチューニングされているイヤフォンが好みでしたが、今はある程度の低音と、高音が割れなければ満足です。

ま、要しますに、私は EP-E7 で満足ということです。

2,000円で Bluetooth イヤホンが購入できるのは嬉しいです。(というか最近この手のガジェット周辺機器って安いですよねホント。。

欠点は無いのか?

昔使ってたものもそのくらいだったような気がしますが、2時間の充電で5時間の再生という点は気になります。

現在の私の場合だと1週間に1〜2回くらいの充電で良さそうですが、毎日1回とかの充電が必要になるとちょっと面倒ですよね。

まぁでも気になったのはそこくらいかな。2,000円というコストメリットの方が大きい気がします。

通話に関してはまだ試してないので、確認したらまたレビュー追記しようと思います。

それでは。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。