新築宅への引越しに引越本部長(に委託されたケーエー引越センター)を利用

もうだいぶ時間が経ってしまったけど、2017年秋、新築宅に引っ越した時にお願いした引越し屋さんが、とても良かったのでメモしておこうと思います。

その名も引越本部長

賃貸住宅から新築住宅に引越すにあたり、当初一番重要視したのは、荷物の運搬時に家に傷をつけないということ。

対新築用にこれでもか、というくらいに養生してもらいたかったので、そういった要望を汲み取ってくれるところとなると、CM をやっているような大手の引越し業者さん。
※厳密には、養生しっかりするのが大手の通常で、安い業者さんは養生しっかりめでお願いすると料金がプラスになったり、そんなに言われるなら大手にお願いした方がいいですよという感触

チラシによれば、定期的に大型荷物の運搬訓練なども行なっているとのことで、そういった点からも安心感が大手とその他では違います。

しかし、当然それは料金に跳ね返っているわけでして、いくつか見積もりをお願いしたところ、中小の引越し屋さんとの価格差はなんと3倍。

結局、お金が無いのだから仕方がないということで、妻がどこから見つけて来たのかわからない引越し業者さんにお願いすることになりました。

その名も引越本部長。

引越本部長という名前は初耳でしたので不安だったのですが、流石に3倍の差は大きすぎた。。

本部長は手を動かさない

ということで、当日夕方便で引越し開始。いらっしゃった方に名刺をいただいたのですが、そこには「引越本部長」ではなく、「ケーエー引越センター」という社名が。

どうやら引越本部長が受けて、空き状況とかに合わせて同業に発注するケースも有るみたいですね。

下記は口コミサイトからの引用。

引越本部長さんに依頼をしましたが、実際に来たのは委託されたケーエー引越センターさんでした。

引越本部長の詳細|引っ越し見積もりサイト【引越し侍】

結局作業スタッフの方次第ですかね

熟練度高めの30代?と経験浅めの20代のお兄さん2名で対応いただいたのですが、この方々の対応がとても良かった。人柄も良かった。

既に2軒だったか3軒の引越しを終わらせて来たとの事でしたが、疲れている様子もなく、サクサク運び出して、新居へ移送。

養生は必要な箇所に必要なだけ最小限でしたが、特に問題はありませんでした。(養生は万が一のためでもあるので、たまたま何もなかっただけとも言えますが)

冷蔵庫、洗濯機を今回新調したので、これらは別に荷揚げ屋さんにお願いして既に家の中にはあるものの、移動設置まではしていない状態。

事前に引越本部長に電話で相談していた時は、他の荷物の量、時間、運搬ルート状況を鑑みた上で、現場で判断するとのことでしたが、設置ご対応いただけました。

新築で新品の冷蔵庫設置というのは滅多にないとのことで、緊張したと笑ってましたが、ホール通過時の冷蔵庫の運び方とか、熟練のお兄さんの方は技術的に高いものを持っているように感じました。

たまたま良いスタッフの方だった可能性はもちろんありますが、ご参考までに。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。