【Photoshop】画像にテレビの走査線を与えるチュートリアル

※ Adobe Photoshop CS2

画像にテレビの走査線の様な効果を与えるチュートリアルです。

実際には走査線は見えないので、効果を与える必要があるのかは分かりませんが。。

ま、何かに応用できるかもしれません。

素材はコチラを使います。

photoshop 画像にテレビの走査線を与える

素敵な街です。

 ハーフトーンを利用する

  1. [フィルタ]→[ノイズ]→[ノイズを加える]量:10% 均等に分布 グレースケールノイズのチェックを外します。

photoshop 画像にテレビの走査線を与える

  1. 新規レイヤーを作成し、白で塗りつぶします。
  2. [フィルタ]→[スケッチ]→[ハーフトーンパターン]サイズ:1 コントラスト:20 パターンタイプ:線
  3. アルファチャンネルパレットを利用してストライプ部分を選択します。

photoshop 画像にテレビの走査線を与える

  1. [イメージ]→[色調補正]→[明るさ・コントラスト]明るさ:20 コントラスト:0

photoshop 画像にテレビの走査線を与える

これで完成です。

photoshop 画像にテレビの走査線を与える

ノイズの量によってかなり左右されそうですね。

 パターンを定義して走査線を表現する

上記とは違う方法を紹介します。

ハーフトーンパターンだと、サイズ:1にしてもストライプがやや太いです。
面倒ですが自分で作成します。

  1. [フィルタ]→[ノイズ]→[ノイズを加える]量:10% 均等に分布 グレースケールノイズのチェックを外します。
  2. 4px×10pxの白黒のパターンと2px×9pxのRGBのパターンを作成します。[編集]→[パターンを定義]

photoshop 画像にテレビの走査線を与える

photoshop 画像にテレビの走査線を与える

よりリアルにする為に加えます。

  1. それぞれのパターンで塗りつぶしたレイヤーを作成します。
  2. 白黒のレイヤーの描画モードをソフトライト、不透明度:40%に設定。
  3. RGBのレイヤーの描画モードをソフトライト、不透明度:10%に設定。

photoshop 画像にテレビの走査線を与える

これで完成です。

それぞれの数値は画像サイズに合わせて設定してください。

今回参考にしたのはこの辺です。
Photoshop Tutorials – Scanlines and Pattersn – aFreeArtwork.com
Fainted Sun – How To #40
デタラメex26

 テレビにはめ込んでみました

テレビの画像は拾ってきました。

photoshop 画像にテレビの走査線を与える

チュートリアルで作った画像はテレビに合わせて歪ませてあります。

なかなかそれっぽく纏まっていると思うのですが・・・。

ちなみに、プラグインで走査線の効果を与えるものがあるらしいですので、そっちの方が楽ですねきっとw

昔運用してたブログから記事を持ってきました。

 コメントをどうぞ

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんが、このブログが置いてあるサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、WordPress の機能により IPアドレス を取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパムコメントの対処ために利用され、公開することはありません。
  • 個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントを表示しないか、該当箇所を編集して公開する可能性があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。