iPhone(スマートフォン)とワイヤレスキーボードでノートPCからの開放

54 view

仕事で石板(ノートPC)をよく持ち歩くのですが、いい加減重くて辛いので、簡単な書き物するくらいなら iPhone と Bluetooth のワイヤレスキーボードで何とかしようと。

ということで、持ち運びが簡単にできるキーボードを探して見ました。

この手の話題は結構今更感はありますが・・・

コンパクト(折りたたみ)であることが最優先

ということであれば、リュウドの Rboard for Keitai RBK シリーズが有名?

参考:折りたたみワイヤレスキーボード Rboard for Keitai Bluetooth はiPhone、iPad、Androidスマートフォン対応

特徴としては

  • 折りたたみ可能
  • マルチペアリング機能
  • 着脱式スタンド内蔵

などなど、実際に RBK-2200BTi を借りて使ってみたけど、なるほどこれはわりと快適。

リュウド Rboard for Keitai RBK-2200BTi

リュウド Rboard for Keitai RBK-2200BTi
※ iPhone で撮影しているので、参考に GL-01P を置いてみた

借りる時に言われたけど、キーボードのタッチの感じは確かにあまり良くない気もしましたが、まぁ確かに好みの問題なので、それはそれとして。

それより何より、折りたためるので持ち運びがかなり楽です。しかもスタンド内蔵していますからね。

ちょっと気になる点といえば、この値段で細かい作りがちょっと残念な感じ。

リュウド Rboard for Keitai RBK-2200BTi キーボード

折りたたみ部分(画像左上)とか、ネジが全部見えてしまっているところとか、ちょっと個人的には好きじゃない。

ちなみに、探してみるとサンワサプライから(多分)OEMで 400-SKB016 という型番で出てました。

こちらの方がちょっと安いかな?

少しボタンが増えてる気もしますが、基本機能は変わらない感じ。重さが195gとは流石。

Apple 製品なんだから Apple Wireless Keyboard は?

そもそも iPhone って Apple 製品なんだから、Apple から出ているキーボードを無視するわけにはいかないですね。

参考:アップル – Apple Wireless Keyboard – ケーブルフリーでおどろきの薄さ。

前述のリュウドの Rboard for Keitai RBKシリーズキーボードと比べて見ても、値段は大きく違わない。

こちらも借りて見た感じ、折りたためないけど、質感とかキータッチの感触とかすごく良いです。折りたためないとはいえ、まだ軽い(重量は320g程度)ので持ち運びが苦にならなそう。

何より、流石というか当たり前なのか、キーボードのファンクションキーが iPhone とちゃんと連動してます。(キーボードに付いているファンクションキー全てが利用できるわけではありません。)

  • ディスプレイの輝度を上げたり下げたり
  • ミュージックAppの再生、一時停止、巻き戻し、前の曲、早送り、次の曲などの操作
  • 音量調節
  • タッチキーボードの表示、非表示(これかなり便利)

とこんな具合に調べていたら、アップルワイヤレスキーボードが欲しくなったので

iPhone スタンド シリコン

買いました。
※ iPhoneで撮影しているので、参考に GL-01P を置いています。

ついでに持ち運びしやすそうなiPhoneスタンドも。

Apple Wireless Keyboard

シリコン製なので、キーボードと一緒にバッグの中に突っ込んでおいても傷つくことはありません。

ポケモンキーボード

最後にもう一個気になっていたキーボード。

ブルートゥースの小型キーボードって何故か値段が高いのですが、任天堂は別。・・・え、任天堂!?って思いましたが、安い上に意外といい感じらしい

参考:スマホにピッタリ!? ポケモンBluetoothキーボードがアマゾンで2000円を切った – 週刊アスキー

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。