EC2の時計(タイムゾーン)を日本標準時に合わせる方法

timepiece prime time clock closeup watch

 CentOSのタイムゾーンを変更する要領で

AWS EC2といってもCentOS版のお話です。

$ date

でEC2の時間を見てみると、JST(Japan Standard Time)とずれていたので、EC2に接続した状態で

$ sudo cp -p /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

とすると日本標準時間になるはずです。
以下のように、シンボリックリンクを張る手段でもいいみたいです。

$ sudo ln -s /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

ちなみにタイムゾーンの設定ファイル?は

/usr/share/zoneinfo/Japan
/usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo

の2種類ファイルがあるようですが、どちらも同じファイルのようです。
試しに以下で差分をとってみると、違いが無いのが分かります。

$ diff /usr/share/zoneinfo/Japan /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo

 参考サイト

東京都内で仕事をしています。猫飼いたいです。30歳からピアノ始めたおじさんです。盆栽にも興味が出てきました。
最近ブログ用のTwitterアカウントを作成したので、是非フォローをしてください。@zakkiboooks

1 件のコメント “EC2の時計(タイムゾーン)を日本標準時に合わせる方法

 コメントをどうぞ

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんが、このブログが置いてあるサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、WordPress の機能により IPアドレス を取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパムコメントの対処ために利用され、公開することはありません。
  • 個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントを表示しないか、該当箇所を編集して公開する可能性があります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。