リッチスニペットを使った構造化

419 view

サイトを作るときは、この辺意識しておかないといけないよねーってことでメモ。
サイトの性質によってはかなりコスト掛かりそうなので、実装要件定義に盛り込まないと。

リッチスニペットとは

Google では、ページのコンテンツを把握した場合に、ユーザーが特定の検索を行う際に役立つ詳細情報となるリッチ スニペットを作成できます。たとえば、レストランのスニペットであれば、レビューの平均や価格帯などが表示されます。レシピ ページのスニペットであれば、合計所要時間、写真、そのレシピのレビュー評価などが表示されます。音楽アルバムのスニペットであれば、楽曲のリストと各曲の再生のリンクなどが表示されます。このようなリッチ スニペットにより、ユーザーが検索キーワードと関連性の高いサイトについて情報を得ることができ、また、そうしたページのクリック数の増加にもつながります。

リッチ スニペットと構造化データについて – ウェブマスター ツール ヘルプ

上記ページに記載がありますが、Google では microdata を推奨している様子。

schema.org

構造化データマークアップの共通仕様を策定する取り組みのこと。

んで、上記リンク先に書いてあるけど schema.org では microdata を使った構造化を説明している。

マークアップのチェック

Google のチェックツール
Google Structured Data Testing Tool

元々マークアップされていた class名 とかと、microdata のプロパティ名が被らないようにしないといけないよねー。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。