調べたこととか学んだこととか買ったものとか書いてます。とにかく雑記。

Google マップ の情報が間違っていたのでゼンリンに修正依頼。年1回の更新期間を逃すな

58 view

親族が所有している建物2棟を取り壊し、そこに新たに1棟の建物を建てました。

ですので当然、Google マップで検索すれば、地図上の表示は2棟のまま。

取り壊した建物名称(元々建っていた2棟のうち1棟はアパート)も残り続けますし、これはどのように修正したら良いのでしょうか。

似たような疑問を持っている方の書き込みなどを参考に編集の提案をしたところ、修正されることになったのでこちらにメモをしておきます。

Google マップの日本の地図データは、ゼンリンのデータ

これは割と知られている事実かと思いますが、Google マップに表示されている日本の住宅地図情報は株式会社ゼンリンが提供しています。

Google Maps にアクセスすればわかりますが、「地図データ © Google ZENRIN」と記載されています。

そんなこんなでヘルプページを見てみると、下記のように記載されています。

現在日本では、一部地図データの修正対応をすることができません(例 : 道路、ビルなどの名称)。データ提供元と協力して、定期的に地図情報を更新していきますので、あらかじめご了承ください。

地図の間違いを報告する – パソコン – マップ ヘルプ

要するに、日本においては Google に建物名称・アパート名称の変更を依頼しても意味がないということです。

ゼンリンさんに地図修正の連絡を

地図の元であるゼンリンさんにデータの修正依頼をします。

まずは下記ゼンリンデータコムの「よくあるご質問」ページで、今からお願いする修正事項について、一読します。
参考:いつもNAVI(WEB)のよくあるご質問|株式会社ゼンリンデータコム

上記リンク先でも案内されますが、「地図が古い」「地図情報に間違いがある」場合、下記ページのフォームからその旨連絡を入れます。
参考:地図表記|地図やカーナビソフトなら【株式会社ゼンリン】住宅地図のご提供からGISのご相談まで

1〜2週間くらいするとゼンリンのご担当者の方が現地まで赴いて、建物名称の確認をしてくださいました。

私のケースでは、何点か外観の目視では不明な点があり、わざわざお電話くださいましたよ。

大元のデータへの反映は年1回、夏頃

電話をいただいた際に伺ったのですが、修正データがゼンリンのデータに反映されるのが毎年8月ころということでしたので、Google マップへの反映も来年の夏以降ということになりそう。

もっと言うと、Google(マップ)がデータを更新(購入)するタイミングはゼンリン社さんではわからないということで、Google マップ上のデータが修正されるのはもっともっと先になるかもしれません。

結構時間かかりますね。

ネットでは Google マップ上のデータにも係わらず「3ヶ月程度で修正された」という書き込みもありましたが、タイミングが良かったのか、もしくは修正内容によって反映タイミングが異なるのかもしれません。

私のケースでは、例えば建物の名称だけではなく、建物の形状が変わるので、時間がかかるという可能性もあります。

ま、いずれにせよいつかは修正されるとのことなので、気長に待つしかありません。

特定のビジネスなら Google マップ上で作成可能

店舗だったり、会社であったり、特定のビジネスであれば ZENRIN の修正をまたずして、Google マイビジネスを利用して登録、Google マップ上で検索することが可能になります。
参考:地図に載っていない場所を追加する – パソコン – マップ ヘルプ

「賃貸物件」なんてカテゴリがあれば、利用したかったのですが、そんなカテゴリはありませんでした。

2016年末で1,500種以上のカテゴリがあるみたいですが、、残念。
参考:Googleマップのカテゴリー一覧とcsv 2016年12月版1528件

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。