Googleカレンダーのサブカレンダー(後から追加したマイカレンダー) を3ステップでiPhoneと同期させる方法

90 view

Googleカレンダーはひとつのアカウントの中に、いくつもカレンダーを作ることが出来るのですが、iPhoneの[設定] > [メール/連絡先/カレンダー] > [アカウントを追加]から Gmail を選択してカレンダーを同期させると、メインのカレンダーしか同期されません。
※ ここで言う「メイン」というのは、初めてGoogleカレンダーにアクセスした時に最初からあるカレンダーの事です。

後から Google カレンダーに作成したカレンダー(サブカレンダー)も iPhone で同期させるためには、CalDAV アカウントによる登録が必要でしたので、メモしておきます。

※ 設定変更は自己責任でお願いします。

1.重複してしまうので現在同期中のカレンダーの解除をする

と言う事で、まずは Google カレンダーの同期を解除します。
※ カレンダーを同期してない人は無視してください。

[設定] > [メール/連絡先/カレンダー] > [アカウントを追加] > [Gmail]から、カレンダーの同期をオフにしましょう。

iPhone カレンダー同期

※ ExchangeとかからGoogleカレンダーを同期している方も同期を解除した方がいいかも。

2.CalDAVアカウントを追加

次に新規アカウント追加でその他、カレンダーCalDAVを選択します。

[設定] > [メール/連絡先/カレンダー] > [アカウントを追加] > [その他] > [CalDAVアカウントを追加]

iPhone カレンダー同期 オフ

iPhone カレンダー同期 CalDAVアカウントを追加

サーバーは、「www.google.com」とし、自分の Google アカウントを入力します。

iPhone カレンダー同期 CalDAV アカウント入力

これでまずはメインの Google カレンダーは同期されたはずです。

3.専用ツールから同期させるカレンダーを選択する

以下にアクセスしてみてください、PCからでもiPhoneからでも対象のGoogleカレンダーのアカウントでアクセスすれば問題なさそうです。
参考:iPhone の同期設定

その他のGoogleカレンダーの同期

アクセスすると、利用しているカレンダーがリスト表示されるので、同期させたいカレンダーにチェックを入れます。(どうやらメインカレンダーは同期から外す事が出来ない模様。)

Google さんがこんなツールを用意してくれていたなんて知りませんでした。これで少し時間が経てばサブカレンダーも同期されているはずです。

余談ですが、Googleカレンダーはメインカレンダーとサブカレンダーを入れ替えることは出来ないようです。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。