Cloudflare を辞めたので、別の方法で WordPress ブログのページ表示を高速化【目標未達成】

595 view

前回 CDN Cloudflare の利用を辞めて爆遅(というか評価がとても悪い状態)になったので、改善していきたいと思います。

まずは改善前のページスピード等調査

下記測定ツールを使って、改善の示唆を得つつ、改善度合いを測っていきたいと思います。

GTmetrix
PageSpeed Score / YSlow Score
Page Load Time / Total Page Size
PageSpeed Insights
PC / SP
作業前 E / E
5.7s / 6.31MB
76 / 60

※計測対象ページは以降同一のものを対象に計測。

目標は、B もしくは C 、3s台、80 以上といったところでしょうか。

ロリポップなら「モジュール版PHP」の利用で WordPress を高速化できる(と思った)

このブログは、ロリポップ スタンダードプランでサーバーを借りて運用しているのですが、エンタープライズプラン、またはスタンダードプランでは高速化出来るみたいです。

WordPressなどPHPで実行するプログラムを高速化できる「モジュール版PHP」をリリースしました。

「モジュール版PHP」を利用するとCGI版PHPに比べ大幅な速度改善が見込めます。

WordPressなどを高速化できる「モジュール版PHP」をリリースしました – 2015年10月20日 / 新着情報 / お知らせ – レンタルサーバーならロリポップ!

そもそもモジュール版PHPを使用していたらアレですが、私の場合は2013年だか2014年くらいに契約したので、現在のバージョンが 5.3(CGI版) になってました。

変更にあたり、幾つか注意事項がありますが、私が気にしたのは

  • PHP5.6(モジュール版)ではphp.iniの設定変更はできません。
  • 現在PHP5.2、PHP5.3、PHP5.4をご利用の場合、バージョンを変更すると、元のバージョンへ戻すことはできません。

という点でしょうか。

バージョン変更すると元に戻せないってことは、何かあった時にバックアップ取っておいてもすぐに復旧できないと思われますが、一応バックアップも忘れずに。
–>ロリポップ!ユーザー専用ページ – PHP設定

GTmetrix
PageSpeed Score / YSlow Score
Page Load Time / Total Page Size
PageSpeed Insights
PC / SP
作業前 E / E
5.7s / 6.31MB
76 / 60
PHPver変更 D / E
5.2s / 6.12MB
76 / 60

ま、ページ側の改善を実施していないのでスコアが改善するわけもなく、計測するタイミング次第で Page Load Time が 10s になることもありました。

管理画面の切り替えなどは、早くなった気がしなくもない。

高速化のためのプラグイン追加・削除・設定

Head Cleaner の追加

GTmetrix
PageSpeed Score / YSlow Score
Page Load Time / Total Page Size
PageSpeed Insights
PC / SP
作業前 E / E
5.7s / 6.31MB
76 / 60
PHPver変更 D / E
5.2s / 6.12MB
76 / 60
Head Cleaner D / E
5.5s / 6.07MB
76 / 60

特に改善されたという感じはしませんが、何回か計測しても 5s台 で読み込み完了することが多くなったように思います。

追記

数日後気付いたのだけれども、Head Cleaner を有効にすると SyntaxHighlighter Evolved を使っているページ(スタイルが適用されるページ)がフリーズしてブラウザが死ぬという・・・

ということで、Head Cleaner は無効にしました。

導入済み W3 Total Cache の設定見直し

殆ど設定変更がなかったので、計測せず。

んー、他のキャッシュ系プラグインも合わせて導入した方がいいような記事を見るけども、いくつもプラグインを導入するのに抵抗が。

Plugin Performance Profiler でプラグインのパフォーマンス測定

とりあえず、読み込みに影響してそうなプラグインを探してみる。

その結果がこちら。

WordPress Plugin Performance Profiler

上位を占めるものの中で削除してもいいもの、、Broken Link Checker くらいかな、、。

でもこのプラグインは都度走らせるものじゃない設定(168時間毎)になってるんだけど、止めて効果あるんだろうか。

とりあえず止めた。

ついでに、Browser Shots という使っていないプラグインも止めた。

GTmetrix
PageSpeed Score / YSlow Score
Page Load Time / Total Page Size
PageSpeed Insights
PC / SP
作業前 E / E
5.7s / 6.31MB
76 / 60
PHPver変更 D / E
5.2s / 6.12MB
76 / 60
Head Cleaner D / E
5.5s / 6.07MB
76 / 60
W3 Total Cache / プラグイン削除 D / E
4.9s / 6.00MB
未計測

何回か計測していると、4s台が出るようになったけど、時間帯による誤差だよねこれ。

そろそろめんどくさがらずに、テーマの方に手をいれないと。

Contact From 7 の JS , CSS の読み込み調整

WordPress を使ってる方は、Contact From 7 をインストールしている方も多いのではないかと思いますが、GTMetrix Waterfall を見ていると、Contact From 7 の JS , CSS が全てのページで読み込まれているのを確認しました。(多くの人は「お問い合わせページ」というページを作って、そこにフォームを置いているのではないでしょうか。)

functions.php に追記するだけで、読み込みを分岐させることができるようです。

function my_contact_enqueue_scripts(){
wp_deregister_script('contact-form-7'); wp_deregister_style('contact-form-7'); if (is_page('contact')) { if (function_exists( 'wpcf7_enqueue_scripts')) { wpcf7_enqueue_scripts(); } if ( function_exists( 'wpcf7_enqueue_styles' ) ) { wpcf7_enqueue_styles(); } } } add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_contact_enqueue_scripts');

【WordPress】プラグイン[Contact Form 7]で必要なときだけスクリプトとスタイルシートを読み込む方法。 – ONZE

Table of Contents Plus のスタイルシートを読み込まないようにする

Table of Contents Plus をインストールしている方も多そうですね。

TOC+ の設定ページに「プラグインのCSSを読み込まない場合チェックを入れてください。」というものがあるので、チェックを入れて、必要な分だけ CSS を styele.css に。

不要な解析タグを削除

GTMetrix Waterfall タブを開いてみて、気になったものの1つに、Juicer と言うものがあリます。皆さん導入している訳ではないと思いますので、あまり参考にならないかもしれませんが、何回かリクエストがある上に、ひとつひとつがそれなりに時間がかかっています。
–>無料A/Bテスト Juicer(ジューサー) DMPとA/Bテストで効果的なPDCAを

お試しで入れてみましたが、活用してないのでテンプレートからコードを削除。

Preconnect というおまじない

Adsense、Googleフォント向けに Preconnect を実装

次に気になったものに、

  • pagead2.googlesyndication.com , fonts.gstatic.com , googleads.g.doubleclick.net などの Google AdSense 系っぽいURLのもの
  • fonts.gstatic.com , fonts.googleapis.com などの Googleフォント 系っぽいもの

があります。この辺のサービス利用を辞めることは考えられないので、諦めようと思いましたが、高速化に役立つ可能性のある Preconnect を実装してみることにしました。

<link rel="preconnect" href="https://pagead2.googlesyndication.com" crossorigin>
 
<link rel="preconnect" href="https://fonts.gstatic.com" crossorigin>
<link rel="preconnect" href="https://fonts.googleapis.com" crossorigin>
<link rel="preconnect" href="https://googleads.g.doubleclick.net" crossorigin>
<link rel="preconnect" href="https://stats.g.doubleclick.net" crossorigin>

ウェブページを1秒台で表示させる原理と方法 | Philosophy Guides

私のブログの場合はスラッシュから始めるように書き換えて追記しています。

楽天モーションウィジェット向けにも Preconnect を実装【失敗】

前述の Philosophy Guides さんのサイトでは、こちらも紹介されていました。

<link rel="preconnect" href="https://static.affiliate.rakuten.co.jp">
<link rel="preconnect" href="https://mtwidget01.affiliate.rakuten.co.jp">
<link rel="preconnect" href="https://log.affiliate.rakuten.co.jp">
<link rel="preconnect" href="https://imp.pt.afl.rakuten.co.jp">
<link rel="preconnect" href="https://thumbnail.image.rakuten.co.jp">

ウェブページを1秒台で表示させる原理と方法 | Philosophy Guides

ついでに、モーションウィジェットの JavaScript がレンダリングブロックしているらしかったので、非同期読み込みに。

<script async="async" type="text/javascript"  data-src="http://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ってしたら、表示されなくなりました。。。

楽天モーションウィジェットは、スコアにも結構悪影響を及ぼしているように見えます。

楽天 API を利用した方法があるとかないとかいう噂があるので、後日試してみたいと思います。

Google の日本語フォント Noto Sans は JP / Japanese の2種類あるみたい!

現在 Noto Sans Japanese を使っているのですが、Noto Sans JP の方が、ウェイトが1種類少ないということで、「これは軽いはず!」と思って試してみたけど、CSS は JP の方が軽いですが、トータルで JP の方が重かったです。ウェブフォントとして使う場合に限る話かもしれませんが。

Google フォント 読み込み GTmetrix JP Japanese 比較

0.1MB の差なので、微々たる物といったらそこまでではありますが、Japanese に戻しました。

残念。

SNSの公式シェア数カウントボタンなどが重い

SNS 関連 JavaScript の非同期化等読み込み調整【失敗】

SNS 関連は軒並み時間が掛かっています。特に Facebook・・・。

JavaScript を非同期化して読み込むことで改善できるようです。

こちらが参考になります。
–>SNSボタンのJavascript非同期通信化などでページ読み込み時間2割削減

で、試してみたのですが、

  • Facebook 関連 js の非同期化

は出来たのですが、

  • Twitter 関連js の非同期化(カウント数取得に widgetoon.js を利用)
  • LINE 関連 js の非同期化

の2つは async=”async” とするとボタン画像が表示されなくなりました。(HTML的には async って書くだけでOK?)

なんだか全然うまくいかなくて、ジリジリします。・・・覚悟して全て jQuery の Ajax でオリジナルボタンにすることにしました。

SNS ボタンをオリジナルのものにして高速化を目指す

参考にさせていただいたのはこちら
–>サイトの高速化に!SNS関連をJavaScriptで非同期に取得する方法まとめ

そのままだと上手くいかなかったので2箇所ほど調整しました。

Twitter のカウント数の取得は株式会社ディジティ・ミニミさんの count.jsoon のものに。

url:'http://jsoon.digitiminimi.com/twitter/count.json?',

Facebook のカウント数取得部分のスクリプトは下記に。
–>【仕様変更】ブログのFacebookシェアボタンのカウント数が取得出来ない – 時期尚早

追記:2016/10/17

シェア数が0カウントの時に、表示されないという不具合があったため Facebook のカウント数取得部分のスクリプトは下記に。
Facebookシェアボタンのカウント数が取れない!?対処方法は簡単

//Facebookのシェア数を取得
function get_social_count_facebook(url, selcter) {
  jQuery.ajax({
    url:'https://graph.facebook.com/',
    dataType:'jsonp',
    timeout: 10000, //10sec
    data:{
      id:url
    },
    success:function(res){
     if (res.share !== undefined) {
       jQuery( selcter ).text(res.share.share_count); 
     }
     else {
       jQuery( selcter ).text('0');
     }
    },
    error:function(){
      jQuery( selcter ).text('0');
    }
  });
}
GTmetrix
PageSpeed Score / YSlow Score
Page Load Time / Total Page Size
PageSpeed Insights
PC / SP
作業前 E / E
5.7s / 6.31MB
76 / 60
PHPver変更 D / E
5.2s / 6.12MB
76 / 60
W3 Total Cache / プラグイン削除 D / E
4.9s / 6.00MB
未計測
読み込みファイル調整 / SNS Ajax 等 D / E
3.7s / 5.63MB
78 / 61

何回か計測してみると、3秒台がたまーに出るようになりましたが、概ね5秒台くらいが多い。全然安定しない。

ブラウザからページにアクセスする分には、表示がスムーズになった(SNSボタンの調整の影響が大きいかな?)気がしなくもありませんが、計測値は全然ですねぇ。広告の影響でしょうかね。

スコアについては上記の対応では全然改善しませんでした。いくつかサービスの利用を辞めればスコアが改善されると思われるものもありますが、一旦ここまでで。

追記:2016/10/30

GTMetrix のページスピードスコアで B が出ました。
WordPress ページ表示高速化。CDN に頼らないチューニングで【PageSpeed B 達成】

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。