調べたこととか学んだこととか買ったものとか書いてます。とにかく雑記。

テプラ?いや、ラベルライターです!P-TOUCH CUBE PT-P300BT レビュー

66 view

テープに印字するやつ、と言えばテプラですよね。

「テプラ」と聞いて「知らない」と答える人はいないのでは、と思うくらい、世の中に普及していると思うのですが、この度わたくしも印字してテープ(シール)をペタペタする必要が出てきたので、色々調べた結果ブラザー工業の「ピータッチキューブ」を購入しました。

スマートフォンから操作できる、なかなかおしゃれなプリンターです。

テプラではなくラベルプリンター(ラベルライター)

ウォークマン的な話です。

シールを(に)印字するもの全般をテプラと呼んでいたのですが、「テプラ」というのは、株式会社キングジムの商品名。

一般名称はラベルプリンター、またはラベルライターと呼ぶそうです。今回始めて知りました。

ちなみに、「テプラ」はテープライターを略したもの、だそうです。
参考:テプラ – Wikipedia

ラベルプリンター(ラベルライター)を探す

数十年前からテプラを利用した経験はあるのですが、

  • あの小さな液晶の中で、印刷のプレビューを確認しなければならない
  • 入力が難しい(キーが推しにくい、文字の変換が判りづらい)

ということを昔から感じており、まさかこのご時世の利用方法が10年前のそれだけのはずがありません。

当然パソコンやスマートフォンから利用できる製品が出ていました。

個人的に、キングジム テプラPRO SR5900P は色々調べた中で最高の評価。(※最上位モデルは別にあり)

  • USB接続、有線LAN・無線LAN接続
  • Windows/Mac OS/iOS/Android対応
  • オートカッター
  • デザインが良い

しかしながら、価格が20,000円とかなり高額。大量の備品管理するわけでもありませんし、流石に業務とは言え個人でちょっと使う程度で、そこまでは出せないなぁという印象。

お値段そこそこで、パソコンかスマートフォンから操作できて、見た目が悪くないもの・・・と探しているうちに、ブラザー工業の P-TOUCH CUBE PT-P300BT にたどり着きました。

スマートフォンアプリから利用する

P-TOUCH CUBE は、P-touch Design&Print というスマートフォンアプリから利用します。

スマートフォンとの接続は、Bluetooth で行います。

P-touch Design&Print

逆にパソコンから利用することが出来ません。ですので「パソコンで複雑なデザインを制作してラベルにする」ということはできません。

使用頻度が高くないなら乾電池で

P-TOUCH CUBE のお値段は5,000円ちょっと。先程の20,000円と比べればかなり購入し易くなっています。

ですがこの価格について一つ注意点があります。AC アダプターが付属していません。AC アダプターは別途購入しなければなりません。

純正のアダプターが3,000円弱するようなので、私はしばらくは電池で使用することにしました。

ブラザー工業 ラベルライター P-TOUCH CUBE PT-P300BT 電池式

アルカリ乾電池、10本で約350円。随分と安価になったものです。

純正テープが高い

ラベルライター、お前もか。

家庭用プリンタのインクが高額なことはよく知られていますが、ラベルライター P-TOUCH CUBE も純正テープ(TZeテープ)は高額です。

大体1本で1,000円前後。純正TZeテープでなければ、6本(6色)で2,000円ちょっとで購入可能です。

テープの幅、長さで当然値段も変わりますので、ご自身で比較される際にはご注意してください。

サードパーティー製のものは印字がかすれるなんて口コミもありましたが、私の場合今のところ不具合ありません。

ちなみに、ラベルテープのカートリッジは、電池を入れる側面とは反対側の側面の蓋を外して装着します。

P-TOUCH CUBE カートリッジ装着
写真のカートリッジは、P-TOUCH CUBE に付属の純正品

唯一の欠点?毎回ハサミが必要

これ結構ラベルライター的には最低な仕様だと思うのだけど、毎回印字したテープを切るためにハサミが必要です。

どういうことかというと、例えば、スマートフォンアプリから「テスト」と印刷すると・・・

P-TOUCH CUBE ラベルプリント スマートフォンアプリ

本体からテープが出てくるので、本体付属のカッター(ボタンになっていて、ボタンを押すとテープがまっすぐにカットされます。)でカットすると、下記写真のような状態で出てきます。

P-TOUCH CUBE ラベルプリントテスト

左側の、黒いコロン「:」のようなものは、「このポイントでハサミで切ってください」の印になっています。

左側の何も印字されていない部分からコロンまでは「テープ送り」といわれ、カットせずに連続して印刷するのであれば、スマートフォンアプリの設定で「テープ送り:なし」にすれば良いのですが、1枚印字して使いたい様な時は、この部分が毎回無駄になります。

テープは無駄になるし、ハサミでまっすぐ切らなければいけないし、んー、これ結構ひどいと思う。

P-TOUCH CUBE の満足度は高い

「結局どうなんだ?」と言われれば、オススメではあります。

批判しておきながら何言ってんだと言う感じですが、私の使い方としては、1度に何十枚も印字するわけではありませんので、(しぶしぶ)ハサミで切ってます。

その点以外は、お値段からしてもいいと思うんですけどね。

ただ、お金に余裕があるのであれば、キングジム テプラPRO SR5900P がやっぱり良さそう、ということもお伝えしておきます。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。